MENU

M字ハゲの原因と予防法!ミノキシジルは本当に有効なの?

M字ハゲという髪型や言葉はだれでも見たことのある・聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

皆が聞いたことがあるということは、それだけm字ハゲが身近でめずらしくないものということができるでしょう。Mハゲが「深く」入り込まなくて済むように、原因や予防・対策などをメインにM字はげに「深く」入り込んでいきたいと思います。

 

m字はげとは?その特徴・基準のポイントとは?

M字ハゲとは男性型脱毛症のことです。男性型脱毛症は前頭部から頭頂部の薄毛・はげを言います。特徴といえば剃り込みといわれる部分の生え際の後退です。

 

そもそもM字ハゲというものに確立された「基準」というものはありません。近年は病院での薄毛の治療が開始されているのである程度のものはあるようですが、病院によって違ったりするそうなのであまりあてにはなりません。

 

m字ハゲの原因とは?

M字ハゲは男性型脱毛症のひとつの「ハゲ方」なので男性型脱毛症と同じです。

 

男性ホルモンである「テストステロン」が、前頭部や頭頂部の毛乳頭に存在する「5αリダクターゼ」と反応することで「ジヒドロテストステロン」という物質を生成します。このジヒドロテストステロンが毛髪の寿命を短くする作用があるのです。

 

5αリダクターゼはおもに前頭部から頭頂部の毛乳頭にしか存在しないので、ちょうどM字ハゲやカッパハゲのような状態になってしまいます。

 

m字はげ(男性型脱毛症)の予防とは?

基本的に普段の日常生活をどう改善しても男性型脱毛症を予防することは困難です。

 

理由としては余剰な男性ホルモンが前頭部から頭頂部に分泌されているわけではなく、正常に分泌がコントロールされていても男性ホルモンは頭皮にも分泌されるからです。

 

しかし男性ホルモンを過剰に分泌しているのであればそれだけMはげのリスクは高くなりますので、せめて過剰な分泌をさせないことは大切でしょう。男性ホルモンの分泌を抑えるには女性ホルモンの分泌を促すことでも可能といわれています。

 

女性ホルモンを増やすには大豆などに含まれる「イソフラボン」を摂取することが手段の一つだそうです。

 

生活習慣を変えた程度の男性ホルモンの調整では影響ないと思われますが、なんらかのサプリメントや治療薬を使用して男性ホルモンを抑制しすぎると勃起障害の可能性があるので注意も必要です。

 

M字はげになってしまった時の対策はコレだ!

これももちろん男性脱毛症の対策と全く同じものとなります。

 

ポイントとしては「男性ホルモンの働きを抑制する」「5αリダクターゼの働きを抑制する」のどちらかになってきます。

 

男性ホルモンの働きを抑えるということは先にお伝えしましたのでここでは「5αリダクターゼ」の働きを抑制するための成分などを挙げていきます。

 

フィステナリド

フィステナリドとえいば病院での男性型脱毛症の治療にも用いられる成分です。特徴としては5αリダクターゼを抑制することでジヒドロテストステロンの生成を抑えます。

 

これがフィステナリドの作用です。要するにジヒドロテストステロンの生成を抑制するだけなので育毛や発毛に関する作用は一切ないということでもあるのです。

 

もしまだ男性型脱毛症でない状態であればハゲは進行しないでしょうけど、すでに薄毛になってしまっていれば「進行は予防できても生えてこないかもしれない」ということもありえるかもしれません。

 

ミノキシジル

ミノキシジルとは本来は「血管を広げて血液の流れを改善することで血圧を下げる薬」として使用されていました。

 

しかし服用していた患者の多くから「体毛が増えた。毛髪が増えてきた」といううれしい副作用が報告されたのです。このことから研究が進み、発毛・育毛に非常に有効な手段であることが解ったのです。

 

現在の男性型脱毛症の治療でもこの二つの成分を併用しているところが多いようです。

 

これらの成分は病院の治療薬だけではなく、育毛剤などではリアップであったりその他サプリメントでも摂取することが可能となっています。もしM字ハゲで悩んでいるのであればこれらの成分を摂取してみてはいかがでしょうか。。